【呉東和虎さんのコラム12】ビートルズ10thアルバム

The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史 Vol.11『The BEATLES』【後編】

ここでは、「The Beatles(ビートルズ)」のオリジナル・アルバムに注目し、全13枚の作品をリリース順に紹介しています。前回は10thアルバム『The BEATLES』【前編】ということで17曲目までお贈りしました。今回の【後編】ではディスク2枚目の1曲目である18曲目から見ていきましょう。

10thアルバム:『The BEATLES』

10thアルバム『The BEATLES』、ディスク2枚目のオープニングを飾る18曲目は、ポール・マッカートニーが誕生日をテーマに製作したご機嫌なロックンロールナンバー『Birthday』。続く19曲目では、ジョン・レノンが前曲とは対照的に「Yes I’m lonely wanna die (寂しい、死にたい)」と歌い始めた曲は『Yer Blues』。曲自体はブルースとロックンロールの融合したような曲調になっています。

20曲目にポールが優しい音色で奏でるのは『Mother Nature’s Son』、21曲目にジョンが歌うのは『Everybody’s Got Something to Hide Except Me and My Monkey』で、ハードロックなナンバー。ここでもポールとジョンで対照的な曲構成になっています。

22曲目「Sexy Sadie」は、ジョンがインドでのマハリシの行動・教えに対しての猜疑心から作成した曲、23曲目はポールが歌う『Helter Skelter』は、「The Who(ザ・フー)」の曲に触発され、ヘヴィーでハード、あえてノイジーなロックを聴かせる。

24曲目はジョージ・ハリスンの『Long, Long, Long』でスローなバラード。25曲目はジョンの歌う『Revolution 1』で、シングルのB面に収録された『Revolution』のアコースティックバージョン。
26曲目は『Honey Pie』で、1920年代のジャズサウンドをベースとし、物語調な歌詞をポールがミュージカル風に歌います。

27曲目の『Savoy Truffle』はジョージ作で、友人エリック・クラプトンが虫歯であるにも関わらず大量にチョコレートを摂取していたエピソードをモチーフとし、ロックを歌います。28曲目は、ジョンの『Cry Baby Cry』ですが、この曲の後にポールの『Can You Take Me Back』がどういうわけか、シークレットで収録されています。

29曲目はジョン作『Revolution 9』。ジョンはお気に入りのようですが、他のメンバーにはあまり受け入れられなかった曲です。しかし、ジョンの意見が通りアルバムに収録されました。ジョン自身、この曲は妻であるオノ・ヨーコの影響で製作したと述べています。

ラストの30曲目はジョンが当時5歳の息子ジュリアン・レノンの子守歌として製作した『Good Night』をリンゴ・スターが歌います。優しさあふれるメロディアスな曲に仕上がっています。

ビートルズが設立したアップル・レコードから初めてリリースされ、初の2枚組となった『The BEATLES』。多くの曲が収録され、その中身はいつものような構成に見えるが、レコーディング風景は大きく変化を見せ始めました。

前作までのサイケデリック感は薄れ、音楽としての原点回帰をする中で、メンバーそれぞれが自己の主張が強くなり、ビートルズとしての統一感が薄れる代わりに、各個人の個性が強く出たアルバムだったのではないでしょうか。

また、この頃からジョンのとなりにはいつもヨーコの姿がありました。このヨーコの存在は、ジョンにとってもビートルズのメンバーにとっても大きな影響を与えていくことになります。

ビートルズのオリジナルアルバム残り3枚。どのような作品になっているのでしょうか?次回お楽しみに!


関連コラム:

The Beatles(ビートルズ)

The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史Vol.1 『Please Please Me』

The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史Vol.2 『With The Beatles』

The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史 Vol.3 『A Hard Day’s Night』

The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史 Vol.4 『Beatles For Sale』

The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史 Vol.5『Help!』

The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史 Vol6.「Rubber Soul』The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史 Vol.7『Revolver』

The Beatles(ビートルズ)の歴史 Vol.8『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』

呉東和虎(ごとう かずとら) プロフィール

1972年愛知県生まれのフリーライター。中学生のころからの35年以上、毎日「音楽」を聴いてきました。音楽は生活の一部であり、聴いてきた音楽・読んできた本・見てきた映画で、その人の半分は形成されていくものだと感じています。音楽は「ロック」好き、自らギター・三線を弾きます。

ライターとして、音楽・バイク・車・ファッション・アニメなどの情報をお伝えしています。私の記事を読んでいただいた人に、何らかのプラスになる情報を提供できるように執筆していきます。

Twiitter:https://twitter.com/crocodile112233

Instagram:https://www.instagram.com/kazu_ghost/

note:https://note.com/kazu_ghost

レコード、CDDVD、楽譜、音楽関連書籍、楽器、オーディオ

高価買取レコちゃんカンパニー

あなたの大切なコレクションを、次に大切にしてくれる方へ「思い出の橋渡し」をお手伝いしています。

買取り問い合わせフォームはこちら。LINE査定もここから受け付けてます。

◆買取ご相談はお電話でもどうぞ◆

買取相談はフリーダイヤル0120-188-990でもお受けしています。スマホからは画像をタップするとそのまま電話がかけられます。
平日の9:00~17:00
時間外・不在時はフォームをご利用ください

レコちゃんの安心査定・安心買取

0120-188-990平日9:00~17:00
ページ
先頭へ