【呉東和虎さんのコラム6】Help! The Beatles

The Beatles(ビートルズ) アルバムの歴史 Vol.5 『Help!』

こちらでは「The Beatles(ビートルズ)」の全13枚のオリジナル・アルバムに注目し、リーリス順に紹介しています。

前回の4thアルバム『Beatles For Sale』に続いて今回紹介するのは、5thアルバム『Help!』です。どのようなアルバムに仕上がっているのか見ていきましょう。

 

5th アルバム:『Help!』

1965年8月6日にイギリスにて5thアルバム『Help!』がリリースされました。このアルバムは彼らの2作目の主演映画『Help!』のサウンドトラック盤でもあります。

全英アルバムチャートでビートルズが初めて初登場1位を記録したアルバムでもあり、その後9週連続で1位を記録し、39週にわたりチャートに登場しました。

アルバムのジャケットでは4人が手旗信号をしています。そう言われれば「H・E・L・P」なのかと普通に思うのでが、そこは「N・U・J・V」だそうです。元々は「HELP」とする予定だったのですが、ビジュアル的にパッとしないという事でこのカタチになったそうです。

アルバムの中身を見てみると全14曲収録され前半7曲が映画『Help!』で使用された曲、後半7曲のうち2曲がカバー曲で構成されています。

5thアルバム『Help!』のオープニングを飾るのは映画&アルバムのタイトルでもある「Help!」です。ビートルズの10枚目のオリジナル・シングルとしてもリリースされた曲で、全英シングルチャートでも1位を獲得したヒット曲でジョン・レノンが歌います。

2曲目の「The Night Before」は軽快なロックンロールのイントロと共にポール・マッカートニーが歌い、3曲目はボブ・ディランに影響されて作ったという「You’ve Got To Hide Your Love Away」をジョンが歌います。

4曲目はジョージ・ハリスン作詞作曲による「I Need You」、5曲目の「Another Girl」をポールが歌い、リードギターのサウンドが心地良く響きます。6曲目は「You’re Going To Lose That Girl」をジョンが歌い、リンゴ・スターのボンゴ演奏が軽快なリズムを刻みます。

7曲目はビートルズの9枚目のオリジナル・シングルでもある「Ticket To Ride」です。こちらも全英シングルチャートをはじめ世界各地で1位を獲得したヒットソングでジョンが歌い上げます。8曲目はカバー曲「Act Naturally」でジョニー・ラッセルのカントリーミュージックをリンゴ・スターが歌います。

9曲目は「It’s Only Love」をジョンが、10曲目はこのアルバムで2曲目となるジョージ作の「You Like Me Too Much」で、ジョージの爽やかな歌声とジョンのエレクトリックピアノが特徴的です。

11曲目「Tell Me What You See」でもエレクトリックピアノが多く使用されていますが、こちらはポールが演奏しています。12曲目「I’ve Just Seen A Face」はアップテンポのカントリーを基調としベースを使用せずにアコースティックギターを主体に演奏がされています。13曲目は不屈の名作あの「Yesterday」で、3曲連続でポールが歌い上げます。この「Yesterday」は「世界で最も多くカバーされた曲」としてギネス・ワールド・レコードに認定されています。

そしてアルバムのラストを飾るのはカバー曲でラリー・ウィリアムズのご機嫌なロックンロールナンバー「Dizzy Miss Lizzy」をジョンがシャウトします。

この5thアルバム『Help!』は、「The Beatles」にとっての転換期を迎えた1枚だったのではないでしょうか?シングル『Help!』においても、後にジョン自身が「あれは僕自身がヘルプと叫んでいたんだ」と回顧しているように、自分が求めていた音楽と当時のビートルズの音楽の方向性のギャップにジョン自身が苦悩していたことが想像できます。

また、ロックンロールを愛するポールが作り上げたバラード「Yesterday」はある意味ロックという型にハマらないビートルズの音楽性が垣間見えた気がします。

世界中でヒットを続けていた「The Beatles」が、更に変化を求め新しい自分たちの音楽を追い求めようとする姿勢が伺えた1枚だったのではないでしょうか。

関連コラム:The Beatles(ビートルズ)

                 The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史Vol.1 『Please Please Me』

                               The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史Vol.2 『With The Beatles』

                               The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史 Vol.3 『A Hard Day’s Night』

                 The Beatles(ビートルズ)アルバムの歴史 Vol.4 『Beatles For Sale』

ライター:呉東 和虎

呉東和虎(ごとう かずとら) プロフィール

1972年愛知県生まれのフリーライター。中学生のころからの35年以上、毎日「音楽」を聴いてきました。音楽は生活の一部であり、聴いてきた音楽・読んできた本・見てきた映画で、その人の半分は形成されていくものだと感じています。音楽は「ロック」好き、自らギター・三線を弾きます。

ライターとして、音楽・バイク・車・ファッション・アニメなどの情報をお伝えしています。私の記事を読んでいただいた人に、何らかのプラスになる情報を提供できるように執筆していきます。

Twiitter:https://twitter.com/crocodile112233

Instagram:https://www.instagram.com/kazu_ghost/

note:https://note.com/kazu_ghost

レコード、CDDVD、楽譜、音楽関連書籍、楽器、オーディオ

高価買取レコちゃんカンパニー

あなたの大切なコレクションを、次に大切にしてくれる方へ「思い出の橋渡し」をお手伝いしています。

レコちゃんの安心査定・安心買取

ページ
先頭へ